代表 中山美奈 : Clothesline Project of Japan

代表 中山美奈の被害プロフィール

フラッシュバックに注意してください。

このページを作成した理由

このページは、「サバイバーが運営しているプロジェクトなのか」というお問い合わせが多くあるために追加したページです。
私(中山美奈)はサバイバーですが、運営者にはサバイバーもサバイバーではない人もいます。私の回復の手助けとなった人の中に、サバイバーは1人もいませんでした。サバイバーでない人の中にも、この問題に対してサバイバーと同じように心を痛めている人は多くいます。しかし、サバイバーにしか心を開きたくない時もあります。そういう時、私にメールをくださる方は「中山宛」と明記してください

被害プロフィール

 最初の被害は小学5年の夏、友人と遊んでいた時に見知らぬ男性から裸の写真を撮られました。
その男性が去った後、友人を被害に遭わせなかった、守り切ったという安堵感と共に犠牲にしてしまった自分の体を汚いと思い、両親にも告げることが出来ずに以後約20年間その時の記憶をなくしています。現在も完全には思い出していません。
この時からうつ病と悪夢に悩まされています。

 翌年の小学6年では同級生の男の子十数名からレイプ未遂に遭い、その直後、被害を打ち明けた友人から2次被害を受けました。
この2次被害の経験が私の中では1番つらい出来事です。
この出来事以降、人間不信になってうつ病が悪化し、中学2年生で不安神経症も発症しました。

 1995年に結婚。その後、3人の子供に恵まれました。

 結婚してからは、会社の同僚によるストーカー行為、夫の近親者によるレイプと強制わいせつ、夫からのDVに遭いました。ストーカー行為は加害者の自殺未遂で終わり、夫の近親者からの加害も夫の実家から出ることで終わり、夫の DVはある日を境に止みました。

 原因がわからないまま精神症状に悩まされる日々を送っていましたが、2004年のある日、小学生での被害を思い出したことで精神症状の原因がわかり、うつ病や不安神経症も改善に向かっています。

 今は、これらの経験によって人の深みにまで接することができるようになった事、弱さが強さに変えられる希望を得たことを神に感謝しています。

現在 埼玉県在住。
職業 セラピスト。

CA390063.jpg